レッスン用貸出機材

Tom Anderson classic    アメリカはカリフォルニアにある有名ギターメーカー

リアをTom Homes H450(断線してしまい、今はshurのssv)に、センターをsuhrのマイケルランドゥモデル、フロントをsuhrのLP60にしています。

ネックがスリムで、とても弾きやすいです。

(2020年現在、リアピックアップは断線してしまったので、suhrのSSVに交換。)

Mike Lull SX  アメリカはシアトルにある。もともとはベースで有名なメーカー。

ギターはあまり日本には入って来ていない。リアをBare KnuckleのMuleに交換。

ネックは割と太めでハイエンドメーカーだが、ヴィンテージサウンドを意識したモデル。

Suhr Modern   アメリカ。アメリカのどこあるかわかりません…。フロイドローズ仕様。フロントピックアップをダンカン'59、リアをcustomcustomに交換。

昔の山本恭司氏やマイケル・シェンカーと同じ仕様。


僕の師匠であるBOWWOW(VOWWOW)の山本恭司さんのようにアームを駆使した繊細なプレイに憧れ購入しました。

Yamaha Pacifica USA。ヤマハのパシフィカシリーズのUSAライン。いまはもう製造されていない。フロントをダンカンのCool Rail、リアをディマジオのアンディティモンズモデルに交換。セミホロウではなくFホールはただのシールです(笑)。ネックが若干太め。

そして、ネックがかなり頑丈みたいで、反ったことはありません。

Fender USA custom shop。元々のメインギター。新品で買って弾き込んだので、レリック仕様みたいですが、自然になったものです。見た目ではわからないほど、パーツ交換をしています。ピックアップはKinmanのウッドストックプラス。ブリッジサドルをチタン製のものへ。ネックプレートはKTS製。トレモロブロックはカラハム製。バネはRaw Vintege製。本来センタートーンのコントロールはリアトーンにしています。

ネックが少し薄く、手の小さい自分には非常に弾きやすい。

Fender Japan Richie Kotzen Telecaster

ブリッジを交換しましたが、メーカー名は忘れました。ネックがかなり太いですが

手に馴染む仕様となっております。

Fender USA CostomShop Stratocaster ピックアップをLINDY FRALINのブルースセットへ。メイプル指板のせいか、非常にカラリとしたサウンドが特徴。リバースヘッドがかっこいい。

Gibson Les Paul '89  若い時に愛用していました。B'zの松本孝弘氏に憧れ、中古で購入。ピックアップは買った時から元々のとは交換されていて、調べたらディマジオのPAFでした。